情熱は世界を
より素晴らしいものにできる

DiDiモビリティジャパン
取締役副社長
菅野 圭吾 KEIGO SUGANO

DiDiモビリティジャパン
取締役副社長
林 励 LIN LI

情熱は世界を
より素晴らしいものにできる

DiDiモビリティジャパン
取締役副社長
菅野 圭吾 KEIGO SUGANO

DiDiモビリティジャパン
取締役副社長
林 励 LIN LI

Think about the future of DiDi.イノベーションで、新たな価値を。

イノベーションで、新たな価値を。

ユーザの新しい移動手段としてタクシーをより身近に利用してほしい。
その思いで日本のタクシー業界へ挑戦し続けているDiDiを
設立から支える経験と情熱に溢れた二人が考える、
未来の配車サービスとモビリティの未来を語っていただきました。

AI技術とデータ分析を融合させ、
世界トップクラスの
タクシー配車サービスへ。

DiDiのテクノロジーによって、モビリティが進化する瞬間はとても刺激的です。
DiDiでは新たな技術やAI技術を次々とモビリティ分野に取り入れ、ユーザが満足するサービスと効率的なルートを提供しています。今はまだ日本で事業を始めたばかりですが、DiDiの世界トップクラスのタクシー配車サービスとしての実績と、日本の高水準のサービスを組み合わせることにより、これからのタクシー市場の進化と発展を得られると確信しております。私は、この世界有数の経済力を誇る巨大マーケットの日本において、DiDiは大きなシェアを獲得できると信じています。

写真

技術力とマーケティング力が、
DiDiの強み。

DiDiの強みである技術力とマーケティング力は、他社の配車アプリとは一線を画し、利用していただいているユーザに十分満足していただけるものだと自負しています。DiDiでは日本の市場にマッチするように、タクシー会社の意見をインプットしながら毎週のペースでプロダクトをリリースし、便利に使っていただくためのキャンペーンなどを次々と提供しています。
スピーディな開発力とマーケティング力は、今までにない新しいサービスをユーザに届け、喜んでいただきたいという思いから生まれ、DiDiの大きな原動力になっています。

写真

DiDiを支えるだけでなく、
先導して導いてくれる強い人材。

DiDiは日本ではまだまだ誕生したばかりの新しい会社という認識が強いと感じておりますが、私たちは業界を加速度的に進化させるために、常に起業精神を持った人、挑戦したい人、変化にオープンな人、クリエイティブなアイディアを持った人を求めています。タクシー会社やドライバーと交渉して契約を結ぶ営業担当、新しいプロダクトを日本のためにローカライズするプロダクト担当など、業務内容は様々です。その他にも専門性の高い人材が一つの目標に向かって情熱的に働いておりますので、目的意識があり、チームワークを重視する人材を求めています。

写真

日常の新しい移動手段として、
DiDiを日本で浸透させるために。

多くの人は、交通手段として電車やバス、自転車などを利用するのが日常だと思いますが、我々はDiDiのタクシー配車サービスでこれからの日本の交通手段を変えようと、一丸となって働いています。
タクシー配車プラットフォームという新しいサービスを提供し、ユーザが簡単にタクシーに乗車できることで、時間の使い方に変化が起きると、私は考えています。自分の現在地にアプリでタクシーを呼び、目的地までの移動する間に、パーソナルスペースでの空き時間が生まれます。その時間を有効活用するための手段として、タクシーが日常的な存在になっていくことが、私たちが提供するサービスの価値の一つであると考えています。

写真

未来を変える
日本最大の
配車プラットフォームへ

未来を変える
日本最大の
配車プラットフォームへ

進化し続けるプロダクトとサービスで、「モビリティの未来」を創造する

10年前に日本でスマホが登場した時、現在のように誰もがスマホを使う時代になると、どれだけの人が予想できたでしょうか。
この変化は通信業界だけでなく、現在は交通業界で革命が巻き起こっています。
DiDiでは技術力と才能を駆使し、より良い移動手段をユーザに提供することを目指しています。DiDiのメンバーとなって、同じ目標を持って働くことで、プロダクトやサービスの進化と、それらが瞬く間にマーケットに広がるのを間近で体験することができます。
DiDiのサービスには、今まさに我々が挑んでいるこのモビリティのマーケットに革命を起こせるだけの可能性があると信じています。
我々のミッションは、「未来のサービスを創る」こと。我々と共にこのミッションを遂行し、そして数年先に振り返った時、自分がその立ち上げに関わっていたことの価値の大きさを実感できる日が来ると思います。私たちと一緒に、「モビリティの未来」を創造しましょう。

このページの上へ

いま、未来で働こう。

Entry