< 新着情報

DiDiがアプリ内で新型コロナウイルス関連情報を提供するニュースフィードを公開
~第一交通グループ、東京タクシーグループら提携事業者の取り組みも紹介~

2020/05/20 11:00

DiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Stephen Zhu、以下「DiDiモビリティジャパン」)は、国内指定感染症「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の影響が続くことを受け、アプリ内にニュースフィードを設置し、新型コロナウイルスの国内感染状況や予防方法、提携タクシー事業者各社の取り組みなどの情報提供を開始しました。

世界的に新型コロナウイルスの影響が続く中、DiDiによるグローバルの取り組みとしてお客様へ必要な外出の際に安心してタクシーをご利用いただきたいと考え、本機能のリリースを決定しました。新型コロナウイルスの情報が集約されたニュースフィードを設置することで、ユーザーは情報を受け取りやすくなります。タクシー乗車中の空き時間などにご覧いただき、利用者の方に有益な情報をお届けしたいと考えています。

不要不急の外出を避けるよう呼びかけられている中、やむを得ず移動が必要な場合に、多数の人が集まる公共交通機関の代替案として、タクシーを可能な限り安全・安心にご利用いただきたいと考えています。


■ニュースフィードについて

<確認方法>

1.スマートフォンアプリ『DiDi』を起動

2.ホーム画面上部のタブより「COVID-19」を選択

3.COVID-19の国内感染状況や予防方法、DiDiや提携タクシー事業者各社の取り組みなどが確認頂けます

アプリダウンロード:無料

・Google Play URL : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.didiglobal.passenger&hl=ja

・App Store URL : https://apps.apple.com/jp/app/id1362398401


■新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための各社取り組みについて
<DiDiの取り組み>
提携する550社以上のタクシー事業者と提携個人タクシードライバーに対し、マスク計10万枚を配布

<提携タクシー事業者様の取り組み> ※一部抜粋
【全国】第一交通グループ
・健康状態の確認(発熱(乗車前検温により確認)もしくは風邪の症状ある者の乗務停止)
・手洗い及び手の消毒、うがいの徹底
・マスクの着用(グループ内で物資供給体制の強化)
・車内の換気(実車時に行う場合は、お客様の同意を得る)
・車内の消毒(現在は次亜塩素酸水での車内ふき取り)
・「低濃度オゾン発生装置」を全車へ搭載(北九州地区より順次開始)

さまざまなウイルスの不活化及び除菌効果が確認されている、低濃度オゾン発生装置を車両に搭載


【東京】東京タクシーグループ
・出庫時乗務員の検温
・お客様降車後に消毒及び換気
・乗務員はマスク着用
・間仕切りのカーテンを設置

社内には間仕切りのビニールカーテンを設置し、お客様の降車後に消毒及び換気を実施


■新型コロナウイルスの感染拡大を受けたコメント
DiDiモビリティジャパン 取締役副社長 菅野圭吾 「この度の新型コロナウイルスの感染症によりお亡くなりになられた方々ならびに親族の皆様に心よりお悔やみ申し上げるとともに、罹患された皆様にお見舞い申し上げます。タクシー配車プラットフォーム『DiDi』を提供する当社として、ユーザーの皆様が外出せざるを得ない状況で気になるであろう情報や、提携するタクシー事業者の皆様が新型コロナウイルスの感染予防策として取り組んでおられることを少しでも手軽にご確認いただけるよう、ニュースフィードを設置させて頂く事になりました。これにより、皆様により安心・安全な移動体験をご提供できることを願っております」