< 新着情報

DiDiモビリティジャパン、 経費精算・管理クラウドのConcur Expenseと連携
~利用明細と電子領収書の自動連携により、経費の精算・管理を効率化~

2019/12/12 17:05


DiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Stephen Zhu、以下「DiDiモビリティジャパン」)は、12月7日(土)より、出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)が提供する経費精算・管理クラウド「Concur® Expense」と配車アプリ「DiDi」の連携を開始しました。


ユーザーは、SAP® Concur App CenterからDiDiアプリとConcur Expenseを連携することで、DiDiアプリ内で決済した乗車の利用明細(乗降場所と料金)と電子領収書が、交通費としてConcur Expenseに自動で入力されるようになります。コンカーの調査*1によると、経費精算における入力業務では、近距離交通費の入力が約半数を占めています。タクシーの配車依頼から支払い、および経費精算の申請までを自動化し、管理業務をペーパーレス化することで、ビジネスシーンでの移動に関わる業務負荷を軽減します。

※1 コンカー調べ:「Concur Expense」データ分析による数値


<連携の方法>
didi
  1. SAP Concur App CenterよりDiDiを選択する
  2. SAP Concur App CenterからDiDiにログインしてConcur Expenseと連携する
  3. DiDiで配車を依頼する際に「アプリ内決済」を選択し、「ビジネス利用」を有効化する
  4. アプリ内決済で発行される領収書情報がConcur Expenseに自動的に入力される


DiDiモビリティジャパン取締役副社長の菅野 圭吾は次のように述べています。「この度、DiDiがConcur Expenseと連携したことをうれしく思います。ビジネスパーソンにとって煩雑だったDiDiでの移動の経費申請を自動化することで、移動や決済に加えて、経費処理業務までを効率化できるようになります。今回の連携を通じて、さらに多くのビジネスパーソンにDiDiをご利用いただき、スムーズで快適な移動と効率的なマッチング、決済、および経費処理をご体験いただければと思います。」